馬場整骨院

交通事故(自賠責保険)治療による Q&A

Q1.交通事故によるケガの治療を整骨院でも自賠責保険や任意保険を使って治療が出来ますか?
A: はい、出来ます。
 *受付の際に『交通事故によるケガです』とお伝えいただくだけで結構です。
 *交通事故による治療は多くの患者様が当院をご利用いただいており、各損保会社様よりのご紹介も大変多く頂いています。
 *被害者の治療はすべて自賠責保険で賄われますので患者様の負担金はありません。
Q2.加害者なのですが自賠責保険で治療できますか?
A: 過失割合によっては出来ます。
 *但し、停車中の車に追突や信号無視による過失10割の場合は自賠責保険適用とならず、ご自分の任意保険(人身傷害保険加入時)を使った治療となります。この場合の治療費も患者様の負担金はなく、慰謝料もお支払いされます。
 *過失割合で補償限度額も変わりますので、先ずはご相談ください。
Q3.警察へ届ける診断書は発行して頂けますか?
A: はい、発行します。
 *警察署が発行する人身事故証明書の為に必要な医師の診断書と当院で発行する施術証明書は同じ取り扱いとして受理されます。
 *慰謝料や休業補償も病・医院と同じように補償されます。
Q4.整骨院での治療はどのようなものですか?
A: 当院では優しく愛護的で的確な徒手検査(神経テスト)や物理療法(電気治療)にも皮膚刺激がほとんどなく、尚かつ治療効果の高い微弱電流器やレーザー照射を使用して患者様から非常に喜ばれています。
 *当院の手技療法は負傷原因である事故状況から患部や身体に加わった外力の方向や程度、生活動作などからその疼痛要因を推測し、筋肉・靭帯・関節包などを整えることで疼痛緩和や運動制限を改善させる、人にやさしい手技をモットーに施術を行います。
 *治療は最初から最後まで愛護的に行い、インフォームドコンセント(説明と承諾)も十分行いますので小さなお子様でも安心して治療を受けられています。
Q5.他の医療機関で治療中ですが整骨院でも治療できますか?
A: はい、出来ます。

 *他の医療機関で治療中の方も仕事の都合でなかなか通院できない、治療に満足できない方など、いつでも転院して治療を受けることができます。 また医科と併用治療も自賠責保険では認められています。
*例えば病・医院で頭痛や吐き気止めの注射や投薬を受けながら、リハビリは整骨院で受ける。また定期的に精密検査(レントゲン・CT・MRI)を受けながら、他の日は整骨院で治療をうけることも可能です。
*当院の治療は患者様の悩みを早く解消出来るように最大限の治療に心掛けています。

Q6.はじめて事故に遭い、警察や保険会社の応対や勤務先の事が不安で治療に専念出来ないけどどうしたらいいですか?
A: 先ずは当院へお電話下さい。
 *当院は弁護士や行政書士による法務事務所との提携もあり、被害者・加害者に限らず的確にアドバイスを行う事ができると思います。個人情報保護にも十分心掛けていますのでご安心ください。
Q7.事故にあったが特に自覚症状もありません。あとで痛くなったりするのでしょうか?
A: 現在、自覚症状がなくても検診だけでも受診される事をお薦めします。
 *事故直後は慣れない事故による緊張やショックで負傷していても感じなかったり、数日後に発症し不調を訴えられたりする場合も多くあります。
 *特にむち打ち症や腰背部痛というのは数日後、時には2~3週間後に自覚症状が現れる場合もあります。
 *日にちが経つと事故が原因と気づかず単なる肩凝りと思ってマッサージを受けたりして悪化する場合もありますので注意が必要です。
  また、通常事故後1週間くらいであれば事故が原因の痛みと認められますが、痛みがあっても我慢されたりして1カ月を経過して受診された場合、その痛みと事故との因果関係を証明する事が難しくなり、認定されることは略不可能となります。
 *ケガの自覚症状の有無にかかわらず出来るだけ早く検診だけでも受けられる事をお薦めします。

交通事故による受診の方はこちらの
『自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)について』もご覧ください。

自動車損害賠償責任保険(略称自賠責保険)について

  1. 交通事故による被害者の治療は自賠責保険扱いとなり、患者様の負担金はありません。
  2. 自賠責保険の場合は警察へ人身傷害扱いの事故届が必要になります。
    その際、医師の診断書が必要となりますが当院の診断証明書でも同様の扱いとなります。
  3. 自賠責保険とは交通事故で他人を死亡させたり、ケガを負わせた場合の人身に対する損害を補償するもの。
  4. 補償限度額はケガの場合で精神的損害と治療費を含めて120万円が限度です。(死亡時3.000万円、後遺障害75万~4.000万円)限度額以上の補償については任意保険の対象となります。
  5. 一般的に加害者側の損害保険会社が保険金請求手続きを代行し、被害者に支払われます。これを加害者請求と言います。
  6. 加害者が過失を認めず請求の手続きを取らない場合には、被害者は加害者の契約保険会社に直接請求できます。これを被害者請求と言います。
  7. 被害者はケガ治療の為通院した場合、治療費の他に精神的慰謝料が通院日数に応じて支払われます。 入院1日¥8.400 通院1日¥4.200+交通費+休業補償(3ヵ月以内)などが支払われます。
  8. 事故原因が過失10割の加害者の方の治療は自賠責保険の適用はできず、ご本人の任意保険(人身傷害保険加入時)でお支払いがなされ、ご本人の負担金はありません。この場合でも精神的慰謝料がお支払いされます。 詳細はご相談ください。